★☆★ サボりすぎのブログ、また準備中です ★☆★

ジャッジ 裁かれる判事

ネタバレご注意を。

『ジャッジ 裁かれる判事』を観ました。2014年に公開された映画です。

あらすじ
シカゴで弁護士をしているハンクはイリノイ州の実家とは絶縁状態。母が亡くなったという報せを受けて田舎へ戻ると、父・ジョセフの車が破損しているのを見つける。すぐに警察から事情聴取を受けるジョセフの弁護をすることに。
車で人を轢いたのは『事故』ではなく『故意』だと検察は主張する。ジョセフは判事であり、事件の被害者はかつてジョセフが無実を言い渡したものの、すぐに凶悪犯罪をおこすという悪人だった…。

主人公・ハンクはロバート・ダウニー・Jrです。ついつい見ちゃいますね。
父親役はロバート・デュヴァル。ロバート多いですね。
デュヴァルさんは『ディープ・インパクト』の人だし、『ウォルター少年と、夏の休日』のぶっ飛んだオジちゃんズの片割れだった。
2つとも見たことあるけど、ネットで経歴調べるまで気づきませんでした


この映画は『轢き逃げ犯はジョセフであり、その終着点までの展開をみる』ものでした。

ジョセフは家族にも秘密にしていた癌治療で記憶があいまいなため、終始「車に血がついていたのなら俺が轢いたんだろう」と言います。
しかしハンクは父親を有罪にしたくないので、あの手この手で誤魔化そうとする。

長年、仲の悪い親子をやっていたので、言い争いばかりなのですが、ジョセフがどんどん弱っていることに気づいたハンクの心変わりを見られます。
また、ハンクは3兄弟で、それぞれ個性が強い。やりとりが面白いですよ〜。

ラストは嘆願書によってさっさと釈放されたジョセフがハンクと一緒に釣りしながら息をひきとって終わります。
あ〜、真面目で超頑固なジョセフが長生きしてハンクたちをキレさせる介護生活やってほしかったんだけどね。
やっぱり綺麗な終わり方しますよね、映画だもの。




ブログランキングに応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント