★☆★ サボりすぎのブログ、また準備中です ★☆★

日本妖怪博物館 三次もののけミュージアム

広島県三次市に4月末オープンした『日本妖怪博物館 三次もののけミュージアム』へ行ってきました。
日本初!の妖怪博物館ということらしいです。意外ですね。

三次は妖怪推しやけど、なんでなん?って疑問をもっていたのが解消された感じです。
三次市の実在の人物が主人公になっている「稲生物怪録」というものがあるそうな。
現在も場所なども出てくるので、これを元に聖地めぐるのも楽しそうです。

入口看板。
この裏に立って写真を撮ったんですが「熱くなるので触らないで」という貼り紙をしてありました。
フレームがお陽さまの熱を吸収してしまうんですね。
書かれてあると触りたくなってしまって、自己責任で触ってきました。
5月の陽気だと温かい程度です。皆さんもお気をつけて。自己責任ですよ。

気になる入場料はおとな600円です。小・中学生が200円、高校・大学生は400円。
公式ホームページをざっと見たのですが、入場料が書いてない…。

展示でリズの一番のお気に入りが刺子半纏です。
公式ホームページで見られます。火消しが着ていた九尾の狐が描かれた立派な半纏。

それから、好きなくだんの置物が数点展示されていました。
頭が人間で身体は牛の妖怪で、生まれてすぐに予言を発して死んでしまうんです。
実際にいたらショックでこちらが死んじゃいそうですが、好きなんですよね…。
このオカルト感がとてもいい。

あとはお子様に大人気のチームラボも入っていますよ。
塗り絵をしたらスキャンしてくれて、スクリーンに自分が塗ったキャラクターが出てくるアレです。
リズは日曜日に行ったのもあり、大盛況でした。

出口の河童さん。
こんな感じで妖怪の模型が他に3体おりました。
三次に降ってきたという雷獣が既視感あったな…なんでやろか…。
どこかで見たような気がするんですが、思い出せません。思い込みかしら。

館内はとっても小ぢんまりという印象。
「稲生物怪録」コーナー以外は写真を撮ってもいい様子。

右から猫またのポストカード、ミュージアムのパンフレット、猫またの飴ちゃん。
飴ちゃんは賞味期限頃まで飾っておきます。溶けないようにしないといけませんね。
飴ちゃんのプリントは展示の猫またの絵をちょっとかわいくデフォルメしていて一目惚れです。
奥の毛玉はふみすけです。
ふみすけも出雲も猫またになってもわかりにくそうよね、って話をしました。しっぽが短いですからね。

交流館にはレストランがあります。
昼食後に寄ったのでポスターを見ただけなのですが、ローストビーフ丼がとっても美味しそうでした。
いつかはここでご飯食べてみたいなぁ。




ブログランキングに応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント