★☆★ サボりすぎのブログ、また準備中です ★☆★

クロニクル

ネタバレご注意を。

クロニクルを観ました。高校生が主人公で、ラストは悲しい。

あらすじ。
ビデオカメラ好きのアンドリュー。母親は病気で寝たきり、父親は元消防士だけど現在は無職で酒飲み。死に向かっている妻と自分のダメさに自暴自棄になり、息子にも辛く当たるという崩壊家庭に暮らしています。
派手チームのパーティに潜り込むと、「カメラで映してほしいものがある」と人気者のマットとスティーブに呼び出されました。そこで謎の現象により超能力を手に入れる3人。くだらない遊びで能力を使っているとアンドリューが激情して交通事故を引き起こす。そこからタガが外れてマットやスティーブとは相容れない方向で能力を使うようになっていきました。

あらすじだけ見たときに「な〜んか好きじゃない青春モノ」だと思ってましたが、観始めたら止まらなかったのでおススメします。
アンドリューがハンディカメラで撮影しているという設定のシーンが多いので、けっこう手ブレがある作品です。
リズは酔いやすいのでちょい心配でしたが平気でした。

難しい家庭で暮らすアンドリューが年頃の子どもらしく遊べる仲間を見つけたのに、道を踏み外してしまうのがすごくリアル。
支えて寄り添ってほしかったのにマットやスティーブに見捨てられたと感じてグレちゃうんですよ。

主人公・アンドリューをデイン・デハーンが演じているのですが、見た目が危うすぎてハマり役。
スパイダーマンのハリー役でめっちゃ好きやってん…。
ダルそうで病的でなんだか死にそうな雰囲気持ってるじゃないですかー。
闇をまとってる系のキャラが合いすぎてます。
『ライフ・アフター・ベス』も良かったですよ。

以下ネタバレ。
この映画は『どう展開してどんなラストにいくんだろう』というストーリーがおもしろいので、ほんとにご注意を。



スティーブは学校中の人気者で、あの夜に居合わせなければ絶対にアンドリューとは付き合わなかったであろう生徒です。
だからこそアンドリューは舞い上がったんだろうなと。
アンドリューは自分を慰めようと空まで追いかけてきたスティーブを落雷で亡くします。

その後、お金がなくて母親の薬を買えず、ガソリンスタンドで強盗をする際に爆発事故を起こしてしまいました。
爆発で入院をしたら「母親が死んだ」と報され、さらに「お前を探している間に母親は独りで死んだ。俺に謝れ」と父親にガチギレされ超能力が暴走。
《俺に》謝れっていう、このシーンでもう父親がクズすぎて泣けます。
妻を亡くしたばかりという状況はわかるけど、《俺に》はないだろうと。息子に寄り添ってやれや。

マットはお調子者でスティーブのオマケだと思ってたけど、最後まで本当にいいヤツでした。
「自分がアンドリューについていれば…」と後悔して、街を破壊する友だちを自分の手で殺めるという悲しいクライマックス。
友だちを次々と亡くして人生の重荷を背負ったのはマットでした。
アンドリューの死を悼むラストがまた切ないのです。


hulu 海外ドラマバナー



ブログランキングに応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント