★☆★ サボりすぎのブログ、また準備中です ★☆★

イン・ドリームス 殺意の森

「イン・ドリームス」を観ました。
1998年のアメリカ映画です。

あらすじ
湖の近くに住む主人公・クレアは夫と娘の3人暮らし。予知能力をもつ彼女は、女の子が誘拐される悪夢に悩まされています。後日、娘のレベッカが行方不明になったことで予知夢が現実に。
死体となってレベッカが発見されたことからクレアはショックをうけ入院します。犯人と思われる男がクレアの夢に現れてどんどん不安定さが増していき…。

犯人役にアイアンマンのロバート・ダウニー・Jr.が。
他は特に何も感じないな〜。

こういう妄想と現実が入り乱れるストーリーは、なんでもアリになっちゃうところが難しいですよね。
よくある「考えると成り立っていない」映画です。
現実にクレアとヴィヴィアンが同期しちゃう設定になっているのでファンタジーにしかなりません。
設定的には好きなやつですけども、終盤で「ここは現実、ここは妄想でした」って 感じでネタバラシしてくれないとモヤモヤしちゃう。
現実には起きえないけど、妄想にしてはそれもまた不自然なことってモヤりませんか。

救われないオチで終わるスリラー。
いや、生き残った犯人であるヴィヴィアンが悪夢に取り憑かれるから自業自得!ちょっとスカッとするでしょ!ってなるんですかね。
あ、ヴィヴィアンに誘拐されたルビーは保護されましたね。
ルビーの救済エンドということで結論つけちゃおうかな。
特に関連ストーリーもなく誘拐されてヴィヴィアンを受け入れちゃってるので感情移入もしづらいコでしたが。


hulu 海外ドラマバナー



ブログランキングに応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント